料理のこと、家族のこと、日々のこと・・・
by lebambou0804
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
うちご飯
そとご飯
お菓子・パン
家族
お出かけ
日々のこと
もの
お知らせ・ご挨拶
覚書
イベント
いただき物
ホームパーティ・おもてなし
お弁当
洋裁
料理教室
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
more...
フォロー中のブログ
another polk...
fuku memo
ばーさんがじーさんに作る食卓
芦毛牝馬の馬耳東風
Happy Days
食卓の風・・・
超多忙なマダムのお気楽日記
Memefiesta Cafe
a midwinter ...
脱・セブン家の居候
Day Moon*
ブログリンク
検索
ブログパーツ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

昆布と干しシイタケの水だしで作る、おみそ汁

e0160392_883320.jpg
おにぎりとおみそ汁、これぞ日本人の原点。
出汁(かつおだし)を張るときは多めに張り、一回に使う分ごとにジップロックに小分けして冷凍しています。
が、わりとすぐになくなってしまって、「ないっ!」という時に簡単に取れるのがこの水出汁。
早煮昆布と干しシイタケを水に漬けて、その間に野菜を切ったり油揚げを切ったりと具材の準備をします。
かつおだしに比べるとどうしても香り味ともインパクトに欠けるので、根菜やキノコなど出るものをたっぷり用意します。
今回入れたのは、豚バラ肉、大根、人参、ゴボウ、サツマイモ、シメジ、干瓢(かんぴょう)、ずいき(サトイモの茎を乾燥させたもの)、豆腐。
具沢山のトン汁です。

干瓢やずいきは昆布や干しシイタケと一緒に水で戻しておきます。
豚バラ肉を炒めたところに、大根、人参、ゴボウ、シメジを入れて炒め合わせます。
出汁で煮る前に油で炒めてコクを出すのが目的です。
水だしを入れて沸騰させたら灰汁を除き、根菜が柔らかくなるまで煮たらサツマイモ、干瓢、ずいきを入れて更に火を入れ、最後に豆腐、味噌を入れて完成。
干瓢、ずいきは煮過ぎないで、食感を楽しみます。

昆布や干しシイタケは一緒に具材としてみそ汁に入れてもいいですし、旨煮にしても美味しい。
干しシイタケの戻しが足りなかったら、再度水に漬けるといいと思います。


節約(水、電気、ガス、食材もろもろ含む)レシピで被災地の皆さんを応援してます!
応援していただけると嬉しいです(^v^)
バナーをぽちっとクリックしていただけると、ポイントになりランキングに反映されます♪

[PR]
by lebambou0804 | 2011-04-01 08:19 | うちご飯