料理のこと、家族のこと、日々のこと・・・
by lebambou0804
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
うちご飯
そとご飯
お菓子・パン
家族
お出かけ
日々のこと
もの
お知らせ・ご挨拶
覚書
イベント
いただき物
ホームパーティ・おもてなし
お弁当
洋裁
料理教室
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
more...
フォロー中のブログ
another polk...
fuku memo
ばーさんがじーさんに作る食卓
芦毛牝馬の馬耳東風
Happy Days
食卓の風・・・
超多忙なマダムのお気楽日記
Memefiesta Cafe
a midwinter ...
脱・セブン家の居候
Day Moon*
ブログリンク
検索
ブログパーツ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

オレンジとスモークサーモンのマリネ

e0160392_22563240.jpg
ちょっと前にママ友で持ち寄りパーティをした際にびびびっときた一品。
サーモンがマリナードを吸ってふっくら、そしてほんのり甘い香りと味わいにノックアウト。
作り方を教わって早速作ってみました。
多少我が家風にアレンジしてます。

甘い香りの正体はなんとオレンジジュースでした。
一晩マリナードに漬けたところ酸味が強すぎる気がして、オレンジジュースを入れたそうです。
「ドレッシングにオレンジジュースを混ぜると子どもの食が進んで・・・」
素敵過ぎ~!
早速そのアイディア、いただきです♪

オレンジジュースの代わりにフレッシュのオレンジを使って。
果肉もマリネして、彩りにプラス。
オレンジとスモークサーモンのオレンジ、ケイパーとレモン(国産)、シブレットの緑、紫玉ねぎの紫。
こういったカラフルな料理は、おもてなしの前菜にピッタリですね♪

今日のランチはオレンジとスモークサーモンのマリネを使った前菜の盛り合わせ(その他キャロットラペ、ブロッコリーのオリーブオイル蒸し、プチトマトのサラダ)と、PAULのバゲットで作ったサンドウィッチ(バターと生ハム)。
盛り合わせでちょこっと盛りもいいけれど、これ一品でも立派な前菜になりますよ♪
e0160392_2394641.jpg


Yさん、素敵なレシピをありがとう~♪
[PR]
by lebambou0804 | 2010-10-30 22:59 | うちご飯

momuzou君からの質問 塩豚の調理法

写真なしです(^^;

momuzou君から以下のような依頼を受けました。
「持ち寄りの飲み会(敢えてパーティとは言いません(^^v)に持っていくのに、塩豚のいい調理法を教えて!」
条件は・・・
 ・キッチン事情が分からないため、完成した状態で持っていく
 ・冷めたままで美味しく食べたい
 ・買い物している暇がないので、塩豚メインで(キャベツとかりんごとかとの煮込みはNGということ)
 ・ガツン系男子に受けるもの(←私の想像です)
 ・日本酒に合う

さぁどうする・・・

そんな時、新三さんからのありがたい助言が!
「茹で豚は水からでないと脂が抜けなくて食えません。
酒のつまみにするならできた豚を技術の限り薄~く切って、
貝割れや茗荷などの香りのいい野菜を巻いてポン酢でどうぞ。
分厚く切れちゃったら、フライパンで焼きましょう。
茹でたのを焼くって手間ですけど、味は保証します。」

師匠の助言を踏まえての、私からの提案です。
クレイジーソルトをまぶしているので、最初はオーブンでにんにくと一緒に焼いて洋風に仕上げるのが美味しそうだなぁと。
だけど冷めた状態だと「う~ん・・・」な感じなので、momuzou君も言ってたように茹で豚がいいね。
塩豚の茹で豚の作り方(へんな言い方!)
1.脂が多いようだったら、熱したフライパンで表面を焼き付け余分な脂を取っておく。面倒だったらパス。
 塩豚がかぶるくらいの水を入れ、酒どばっ(水の量にもよるけど大2くらい?)とねぎの青い部分、あれば生姜の皮も入れて火にかける。ちょうど入るくらいの鍋がベスト。
2.沸騰したら灰汁を取り、火を弱めてコトコトと茹でる。
3.竹串がすっと入るくらい柔らかくなったら火を止めて、そのまま余熱が取れるまで放置する。←ここまで今日やったら?
4.薄く切って皿に盛る

食べ方は師匠の香味野菜とポン酢もいいし、ねぎソースやにんにくソースや朝鮮風に辛いソースを作っても美味しそう!
香味野菜としては、貝割れや茗荷のほか、白髪ねぎや万能ねぎ、きゅうりもいいね~。
ねぎソース→長ネギのみじん切り、ごま油、塩(塩はきつめのほうが美味しい)
にんにくソース→醤油、みりん少々、にんにくのすりおろし少々
朝鮮風辛いソース→にんにくソースに一味唐辛子、ごま油、ゴマ
[PR]
by lebambou0804 | 2010-10-29 18:49 | うちご飯

鶏胸肉のロティ

e0160392_11461958.jpg
今日のランチ。ワインなし。
懐かしいフランスの味。
[PR]
by lebambou0804 | 2010-10-27 11:46 | うちご飯

サトイモの食べ方

e0160392_703350.jpg
野菜の宅配にサトイモが入るようになりました。
煮ものにちょうどいい大きさのものもあれば、市場に出回らないような親指大のものまで(^^;。
サトイモは皮を剥くと手が痒くなるので、ちょっと苦手です。
酢で手を洗うといいそうですが。
で、最近気に入っているサトイモの調理法が「皮ごと茹でる」。
泥を落としたサトイモをたっぷりの水から茹でるだけ。
沸騰したら弱火に落として皮が破けないようにし、サトイモが柔らかくなるまでじっくりと茹でていきます。
茹でたサトイモは皮がつるっと剥け、しかも薄く剥けるので無駄がない(^^v。
小さいサトイモはそのまま食べてよし、グラタンの具によし。
大きいサトイモは適当にカットしてオリーブオイルとアンチョビでソテ、軽く塩を振っていただきます。
煮ものにするには適しませんが、茹でサトイモ、意外に応用範囲が広く使えます。
[PR]
by lebambou0804 | 2010-10-26 07:05 | うちご飯

ラムとかぼちゃのグラタン仕立て

e0160392_15473338.jpg
お魚もちゃんと食べているし、こちらの回し者でもないのですが・・・
ラムのひき肉を試しに買ってみました。
かぼちゃの料理をいろいろ考えているときに、ラムとグラタン仕立てにしたら美味しいんじゃないかと思ったので。
ラムのひき肉をソフリット(玉ねぎ、人参、セロリのペースト状)と炒め、かぼちゃのピュレ+ベシャメルソースで作ったかぼちゃソースと層にしてグラタン仕立てにしました。
ラムやかぼちゃと相性のいいスパイスも使って。
私は好きだ~、コレ。
グラタンにしなくても、ラムのひき肉を炒めたものが美味しくて、今度はラグーにしてパスタに合わせてみようかな~と(^^v。
詳しいレシピは後日グルメミートのサイトにアップするので、またご紹介しますね。

今日はこれから四谷三丁目にあるイタリアン、LA・VITAでパスタ三昧のディナーへ出かけます。
息子には「ママはこれからお仕事♪」と(^^;。
素敵な仕事だわ~♪
照明が暗いレストランでの一眼レフでの撮影法が分からないので、レポートなしです、相済みません・・・
[PR]
by lebambou0804 | 2010-10-23 15:45 | うちご飯

キャベツのブレゼ(蒸し煮)

e0160392_11304373.jpg
こちらも我が家定番の洋風お惣菜、キャベツのブレゼ。
ソーセージや豚塊肉などの付け合わせと相性抜群ですが、これだけでも美味しい♪

玉ねぎの薄切りをオリーブオイル、塩で十分蒸らし炒めし、好みの幅のキャベツの千切りを入れて白ワインヴィネガーを一振り。
香りづけにジュニパーベリー(ねずの実)を入れて蓋をし、キャベツが柔らかくなるまでじっくり蒸し煮します。
塩コショウで味を見て出来上がり。
仕上げに粒マスタードで和えてもGoodです。
[PR]
by lebambou0804 | 2010-10-22 11:36 | うちご飯

しめじのバターライスと甘口カレー

e0160392_1639415.jpg
我が家定番の甘口カレー。
オーブンを使うので、作るのは久しぶり。
玉ねぎとリンゴをたっぷり使い、そしてカレー粉もチリパウダーの入っていないものを使うので甘口に仕上がります。
今回ルーは使いませんでした。
隠し味にアップルヴィネガー(煮込む前)と薄口しょうゆを少々(仕上げに)。
バターライスと一緒に。
[PR]
by lebambou0804 | 2010-10-19 16:43 | うちご飯

生ソーセージを使ったパエリア

e0160392_7251556.jpg
最近週に一度は作っているパエリア。
何を具材にしても美味しく仕上がる寛容なところがスキ♪
米、野菜、肉、魚介類などがこれ一品にまとめられるので(そしてなぜかケンカしない)、忙しい時のお助けメニューとして大活躍です。

この日は買い物に出ず、冷蔵庫・冷凍庫にあるもので済ませようと思って作ったパエリア。
冷凍からは生ソーセージ、シメジ、冷蔵庫からはタコ、オクラにご登場願いました。
その他玉ねぎ、にんにくの常備野菜を使って。
詳しいレシピはこちらで紹介しています。
[PR]
by lebambou0804 | 2010-10-18 07:34 | うちご飯

豚バラ肉のオーブン焼き

e0160392_6205178.jpg
涼しくなってきて、だんだんとオーブン料理も増えてきました。
この日は5日ほど冷蔵庫で寝かしておいた塩豚を使って。
塩豚は塩と砂糖、エルブドプロヴァンスで漬ける。
思ったほど砂糖が効いていないのは、甜菜糖を使ったから?粒子が粗すぎて染み込まなかったのか?
次回はグラニュー糖を少しまぶしてみよう。

厚手の鍋を熱して豚バラの表面をよく焼き、余分な脂を落としておきます。
こんがり焼き色のついた豚バラはいったん鍋から取り出し、フライパンの脂をキッチンペーパーで丁寧に除く。
オリーブオイルを少し入れて玉ねぎのみじん切り、叩いたにんにくを炒め、セロリも炒める。
白ワインでじゅっとしたら、りんご、キャベツを入れて豚バラを戻し入れ、蓋をして170度のオーブンに投入。
20分ほどして様子を見、肉に火が入っているのを確認したらオーブンの火を止めて余熱で肉をしっとりさせる。

映画を見ていたら夕飯の準備に取り掛かるのが遅くなってしまった。
本当は余熱で最低でも1時間は寝かしたいところだが、30分くらいで急いで食卓へ。
野菜が煮溶けた状態が好みなのが、セロリの食感が残る感じ。
[PR]
by lebambou0804 | 2010-10-17 06:32 | うちご飯

かぼちゃクリームのマカロニグラタン

e0160392_11264126.jpg
パンプキンスープのベースにもなった、かぼちゃペースト。
いろいろ活用できるので、最近はかぼちゃが余りそうだったらペーストにして冷蔵・冷凍保存しておきます。

ベシャメルソースにかぼちゃペーストを混ぜてグラタンに。
あると思っていた牛乳が思っていたより少なくて(涙)。
たっぷりのベシャメルソースがぐつぐついうグラタンを作るつもりが、和えもののようになってしまった・・・
せめてチキンスープでのばせばよかったと反省。

フジッリと茹でたサトイモも入れて、本日の朝ごはんです。
[PR]
by lebambou0804 | 2010-10-16 11:25 | うちご飯